ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

私たちの住む地域のどこかで、重い障がいを抱えた子どもたちと24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。うりずんは、子どもたちが友だちと楽しく遊び、両親は介護から離れひと休みできる場所です。障がいを持った子どもと家族に「普通」に暮らすことができる社会を目指しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

うりずんの名前の由来

うりずんとは?

うりずんとは、「潤う」と水が土にしみとおる「染む」からなる言葉で、沖縄の和歌夏を表します。

さわやかな南風が吹き、野山は緑にあふれます。

うりずんのように優しい風に包まれて、ゆったりとした時間を過ごしていただきたいという思いから名付けました。


うりずんのロゴ

作成者:吉新春久氏(ひばりクリニックのロゴも作ってくださった方です)。全体的には「うりずん」の「う」と「り」を表したデザインです。「うりずん」の太陽(レッド)、空(スカイブルー)、新緑(グリーン)、海(マリンブルー)がデイゴの花(沖縄県の県花)をダイナミックかつ優しくサポートしています。そして、ウェーブ形状は”波”と”風”で、アクティブで限りない発展性を表しています。