ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

うりずんは、特定非営利活動法人(認定NPO法人)として、医療に頼らないと生きていけない重い障がい児とその家族の当たり前の生活を支援するために、日中のお預かり、自宅での見守り、外出などのプログラムを提供しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

6/26(日)開催 参加費無料 研修会「重い障がいを持つ子どもの 明日と未来を考える 」

公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団助成事業

新うりずんオープン記念 地域で支える新たな拠点づくりのための多職種研修会

重い障がいを持つ子どもの 明日と未来を考える

うりずんは、認定特定非営利活動法人として、重い障がい児者とその家族の 当たり前の生活を支援するために、日中のお預かり、自宅での見守り、外出 などのプログラムを提供しています。 障がいのある人もない人も、共に地域で助け合える社会の実現を目指し、 活動を広げていきます。 新うりずんオープンを記念し多職種研修会を開くこととなりました。 多くの皆様のご参加を お待ちしております。

 

日時・場所

日時 

平成28年 6月26日(日) 14:00~17:00(受付13:30~)

 

場所

コンセーレ 大ホール  栃木県宇都宮市駒生1-1-6  

TEL 028-624-1417

 

※当日はコンセーレで開催される他イベントの関係で混雑が予想されるため、

なるべく公共交通機関をご利用になるか、お車の場合は乗り合いでお越しいただきますようお願い申し上げます。

 

 ●東北自動車道

 ・鹿沼ICより 9.5km

 ・宇都宮ICより9.0km 

 

 ●JR宇都宮駅(路線バス コンセーレまで4.7km)

 ・関東バス「作新学院駒生行き」(⑥⑦番のりば)

 ・東中丸バス停下車(コンセーレ前)

 

 

プログラム

【基調講演 1】

 

子どものいのちと未来

ー生まれてきてよかったと思える社会づくりー

田中総一郎氏 (あおぞら診療所新松戸 小児在宅医)

【基調講演 2】

 

おうちで家族と暮らしたい

ー本人・家族が望むことー

瓦井 千寿氏(うりずんご利用者家族)

【シンポジウム】

 

重い障がいを持つ子どもの明日と未来を考える

 

 シンポジスト

 ・訪問看護認定看護師の立場から

 黒崎 雅子氏 (医療法人社団洋精会訪問看護ステーション星が丘)

 

 ・相談支援専門員の立場から

 椎貝 紀子氏 (社会福祉法人すぎの芽会)

 

 ・教育者の立場から

 石川 一夫氏 (栃木県保健福祉部障害福祉課 障害者差別解消相談員 / 前・のざわ特別支援学校校長)

 

 コーディネーター

 髙橋 昭彦 (認定特定非営利活動法人うりずん 理事長 / ひばりクリニック 院長)

 

 

お申込み

どなたでも参加できます。下記フォームからお申込みください。

 

参加費:無料  定員:240名  お申し込み締切:6月13日(月)

 ※これ以降のお申し込みついては、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

 

認定特定非営利活動法人うりずん(担当:髙橋・大久保) 

TEL:028-601-7733(代) FAX:028-665-7744(代)

 

Mail:urizn@hibari‐clinic.com