ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

私たちの住む地域のどこかで、重い障がいを抱えた子どもたちと24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。うりずんは、子どもたちが友だちと楽しく遊び、両親は介護から離れひと休みできる場所です。障がいを持った子どもと家族に「普通」に暮らすことができる社会を目指しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

7/22日 ちえのわ研修会「医療的ケアが必要な子どものくらし・教育・福祉を考える」参加者募集

特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわさんで、「医療的ケアの必要な子ども」に焦点を当てて研修をしていきます。みなさまのご参加をお待ちしております。

 

パート2.医療的ケアが必要な子どものくらし・教育・福祉を考える

 

5月16日の研修会パート1 「医療的ケアが必要な子どもたち」―子どもと家族のくらしを知ろう―では、医療的ケアが必要な子どもの現状と暮らしの課題について学びました。今回のパート2では、人工呼吸器をつけた子どもとそのお母さん、医療的ケアが必要な子ども等の暮らしを支えている事業所の管理者、そして実際に人工呼吸器をつけた子どもを受け入れた普通小学校の校長先生、それぞれの立場のお話を伺います。

 

うりずんからは、理事長の高橋と管理者の今泉が登壇します。

 

ぜひ、多くの方に参加いただければ幸いです。

 

 

実施概要

日時

2018年7月22日(日)14:00~16:00(13:30~受付)


会場

とちぎ男女共同参画センター パルティ 3階 301AB

宇都宮市野沢町4-1 TEL 028-665-7700


内容

下記の方々によるシンポジウム

 

当事者の立場から:人工呼吸器とともに

瓦井 千寿氏  瓦井 尊氏

 

福祉の立場から:子どもと家族の暮らしを見つめて

今泉 あゆ美氏 認定特定非営利活動法人うりずん管理者

 

教育の立場から:医療的ケアが必要な子どもの教育

宇梶 浩明氏 宇都宮市立宮の原小学校校長

 

コーディネーター

高橋 昭彦氏 特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわ理事 

ひばりクリニック院長 認定特定非営利活動法人うりずん理事長


お申込み

申し込み不要です。当日直接会場にお越しください。 定員100名


費用

資料代 500円

ただし、会員・賛助会員は無料、団体賛助は1名無料(参加者の介護者は無料)


お問合せ

宇都宮大学 教育学部 池本研究室 ℡028-649-5346 または

メール ikemoto@cc.utsunomiya-u.ac.jp まで。


主催

特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわ   共催 宇都宮市