ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

私たちの住む地域のどこかで、重い障がいを抱えた子どもたちと24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。うりずんは、子どもたちが友だちと楽しく遊び、両親は介護から離れひと休みできる場所です。障がいを持った子どもと家族に「普通」に暮らすことができる社会を目指しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

10/6(土) 家族の交流会・意見交換会「病気や障がいを持つ子どもたちの「きょうだい」の気持ちに寄り添う」開催します【締切延長】

 

重い病気をもつ子どもの姉として育ち、全国で「きょうだい支援の大切さ」をうったえる清田悠代(きよたひさよ)さん(NPO法人しぶたね 理事長・大阪在住)の講演会と交流会を行います。

ぜひ、一度立ち止まり、お子さんとじっくり向き合う時間を持ってみませんか?

 

保護者の皆さんが講演を聞いている間、子どもたちは別室で「遊びの達人・シブレンジャー」と思い切り遊び、最後に親子で楽しい時間を共有するプログラムを考えました。是非ご参加ください!

 

開催概要

開催日時

2018年10月6日(土)14:00~16:00


開催場所

パルティ とちぎ男女共同参画センター

栃木県宇都宮市野沢町4番地1 TEL. 028-665-7700 [ MAP ]


参加費

無料


定員

子ども 年中(4歳)~小学4年生以上 20名  保護者30名

★3部屋に分かれてのプログラムになります。年少以下のお子様は、保護者と一緒に保護者プログラムに参加いただけます。キッズスペース(保護者プログラムの部屋)にはお子様を見守るボランティアがおります。保護者のみの参加も可能です。


対象

重い病気や重症心身障がい児・または医療的ケアが必要な子どものきょうだいと保護者


内容

保護者のプログラム

14:00~14:20 しぶたね清田悠代氏の講演

14:20~15:20 交流会

15:20~15:30 休憩・移動

15:30~16:00 親子遊び

 

きょうだいのプログラム(年中~小学3年生)

14:00~14:45 シブレッドと遊ぼう!

14:45~14:55 休憩

14:55~15:30 おやつタイム・自由遊び

15:30~16:00 親子遊び

 

きょうだいのプログラム(小学4年生以上)

14:00~14:30 ゲーム

14:30~14:40 休憩

14:40~15:20 きょうだいさん同士での交流会

15:30~16:00 親子遊び

 

※プログラムは変更となる場合があります。

 

シブレンジャーは、しぶたねスタッフのシブレッドさんを中心にゲームやパフォーマンスを通して、きょうだいに楽しい時間を提供します。
シブレンジャーは、しぶたねスタッフのシブレッドさんを中心にゲームやパフォーマンスを通して、きょうだいに楽しい時間を提供します。

講師プロフィール

清田悠代(きよた・ひさよ)氏

2000年 大阪府立大学社会福祉学部卒業。社会福祉士資格取得。

2001年 ドナルド・マイヤー氏(アメリカ合衆国きょうだい支援プロジェクト)による

シブショップファシリテーター養成トレーニング修了

2003年 任意団体「しぶたね」を設立。

2004年 きょうだいのためのワークショップ開始

2006年 大阪市立総合医療センターでの病院活動を開始

2016年 NPO法人格を取得。理事長に就任

《受賞歴》

2008年 産経市民の社会福祉賞

2016年 住友生命社会貢献事業 第9回「未来を強くする子育てプロジェクト」未来賞

2017年 大阪商工信金社会貢献賞 地域貢献の部

2017年 第11回よみうり子育て応援団大賞


「特定非営利活動法人しぶたね」紹介

子どもが大きな病気を持った時、きょうだいは・・・。

 

 子どもが大きな病気になると家族の生活は一変します。病気になった子ども自身も親御さんもつらい闘病生活を体験することになりますが、病気の子どもに兄弟姉妹(きょうだい)がいる場合、その子たちも同じように傷つき、時には寂しさや不安をがまんしながら、がんばっています。

 

 そんなきょうだいたちに「一人じゃないよ」を伝えたい、という思いから、病気や障がいを持つ子どものきょうだい(sibling)へのサポートの種を蒔こうと社会福祉士の清田さんが中心となり、2003年11月から活動がスタートされました。

 

 清田さんご自身が、弟さんが入院される病院の廊下で見た、病棟に入れない幼いきょうだいが毎日泣きながらご家族を待っている光景、それをなんとかしたいと思った気持ちが「しぶたね」の芯になりました。

 

 全国各地の保健所、大学・病院・関連学会・親の会・企業等への講演活動や現在、「シブリングサポーターキャラバン」と銘打って、病気の子どものきょうだい支援の輪を広げるためのシブリングサポーター研修ワークショップを全国で展開されています。

 


10月7日(日)には公開講座も開催!

翌日にもパルティで、公開講座「病気や障がいを持つ子どもたちの「きょうだい」とご家族の気持ちに寄り添う」開催します。子どもが子どもでいられるように、皆さんで考えてみませんか。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

お申込み

参加ご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ください。

*応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

応募締切 2018年10月4日(木)
お申込みは締め切りました。たくさんのお申込み、ありがとうございました。

 

主  催 栃木県 (運営事務局/特定非営利活動法人うりずん)

問合わせ 特定非営利活動法人うりずん (担当/金澤) 

〒321-2116 宇都宮市徳次郎町365-1 TEL 028-601-7733  FAX 028-665-7744