ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

私たちの住む地域のどこかで、重い障がいを抱えた子どもたちと24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。うりずんは、子どもたちが友だちと楽しく遊び、両親は介護から離れひと休みできる場所です。障がいを持った子どもと家族に「普通」に暮らすことができる社会を目指しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

住み慣れた地域で医療的ケア児やその家族が自分たちの望む形で安心して生活を継続するためには、地域における医療的ケア児の受け入れを可能とする小児在宅医療機関の裾野を拡大することが必要です。

 

本事業は、小児在宅医療に関心のある医師の研修受け入れや小児在宅医療関係者の多職種による研究会や勉強会の開催、医療的ケア児やその家族の交流会の開催などにより、小児在宅医療に携わる人材の確保や地域における医療的ケア児の受け入れ体制の整備促進等を目的としています。

子どもが子どもでいられるように、皆さんで考えてみませんか。

 

小児の在宅医療に携わる関係者間の理解促進及び連携体制の強化を目的とした研修会を開催いたします。今回は就学前後の子どもたちへの支援や関わりを深めるための内容となっております。

 


小児の在宅医療に携わる関係者間の理解促進及び連携体制の強化を目的とした研修会を開催いたします。今回は就学前後の子どもたちへの支援や関わりを深めるための内容となっております。

 

小児在宅医療に関心のある、小児科医、在宅医の皆様、また、訪問看護ステーションの皆様・保健師・相談支援専門員・行政・福祉・介護関係者等の皆様を対象として、当事業所理事長の髙橋昭彦医師や小児在宅医療推進員等が相談に応じ、情報提供や助言を行うものです。

 


小児在宅医療機関の更なる充実のために、地域でご活躍される小児科医、在宅医の先生方を対象として、小児の訪問診療等を現在実施しております、当事業所理事長の髙橋昭彦医師の訪問診療等に同行し、研修していただくものです。