ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

私たちの住む地域のどこかで、重い障がいを抱えた子どもたちと24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。うりずんは、子どもたちが友だちと楽しく遊び、両親は介護から離れひと休みできる場所です。障がいを持った子どもと家族に「普通」に暮らすことができる社会を目指しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

住み慣れた地域で医療的ケア児やその家族が自分たちの望む形で安心して生活を継続するためには、地域における医療的ケア児の受け入れを可能とする小児在宅医療機関の裾野を拡大することが必要です。

 

本事業では、小児在宅医療に関心のある医師の研修受け入れや小児在宅医療関係者の多職種による研究会や勉強会の開催、医療的ケア児やその家族の交流会の開催などにより、小児在宅医療に携わる人材の確保や地域における医療的ケア児の受け入れ体制の整備促進等を行い、また「小児在宅医療情報ポータルサイトサイト とちまるキッズひろば」にてそれら各種情報の公開や発信を行っています。