ご寄付・ご入会のお願い
うりずんとは

うりずんは、特定非営利活動法人(認定NPO法人)として、医療に頼らないと生きていけない重い障がい児とその家族の当たり前の生活を支援するために、日中のお預かり、自宅での見守り、外出などのプログラムを提供しています。

>>うりずんについて

ひばりクリニック院長 髙橋のブログ
ひばりクリニック
ブログ・うりずんの部屋
うりずん通信・テレマカシー
関連サイトへのリンク
フェイスブック

うりずんがご寄付を必要とする理由

重症障がい児者と家族への支援は緊急を要します。しかし行政の財政補助が限られているのが現状です。うりずんが支援活動を続けていくためには、皆様からのご支援が不可欠です。詳細はこちらをご覧ください。

 

寄付金の最大50%が還付されます

うりずんへの寄付は所得税控除等が受けることができ、寄付金の最大50%が還付されます。
詳細はこちらをご覧ください。

 

 

「感謝の木」にお名前を掲載します

うりずんの玄関ホール正面にあるのが感謝の木です。宇都宮中央ライオンズクラブ様のご支援のもと、佐伯守美画伯がケヤキをモチーフにした木を描いて下さいました。ご支援をいただいた方のお名前(またはニックネーム)を感謝の気持ちを込めて葉っぱに手書きします。支えて下さる方が増えると、だんだんと葉っぱが増えていきます。

 

※感謝の木は5万円以上のご寄付をいただいた方が対象となります。詳しくは事務局にお問い合わせ下さい。

 


寄付・ご入会

うりずんへの寄付・賛助会員への入会は、このホームページからクレジットカードで直接ご寄付できる「オンライン寄付」と、ゆうちょ銀行の「口座振込」の2通りからお選びいただけます。皆様のご支援をお願い申し上げます。

 

オンラインでの寄付・ご入会

以下の中からお選び下さい。アイコンをクリックいただくと申し込み手続きのための確認画面→入力画面が表示されます。

寄付 1口1000円
寄付 1口3000円
寄付 1口10000円

寄付 1口50,000円
寄付 1口100,000円

賛助会員(個人) 3,000円/年
賛助会員(団体) 10,000円/年

 

ご利用いただけるクレジットカード :

口座振込での寄付・ご入会

ステップ1 申込書のダウンロード

お申込書をダウンロードして印刷してください。

賛助会員年会費・寄付金 申込書
urizun_kifu4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 50.4 KB

ご連絡をいただければ、用紙を郵送いたします。

  • 電話:028-601-7733 FAX:028-665-7744

お申込みフォームにて必要事項をご入力いただくことも可能です。


ステップ2 申込書の記入・送付

申込書にお名前・ご住所・申込内容ならびに金額、匿名希望についてご記入の上、FAX・郵送等でお送りください。

  • 送付先
    〒321-2116 栃木県宇都宮市徳次郎町365-1

    NPO法人うりずん 寄付・入会担当行
    FAX:028-665-7744


ステップ3 お振込み
  • ゆうちょ銀行からのお振込み
    口座番号:00110-4-441471
    口座名:特定非営利活動法人うりずん

  • ゆうちょ銀行以外からのお振込み
    金融機関名:ゆうちょ銀行(金融機関コード:9900)
    支店名:〇一九(ゼロイチキュウ店)(支店番号:019)
    口座種別:当座
    口座番号:0441471

    ※大変申し訳ありませんが、振込み手数料は別途ご負担をお願い致します。


 

 寄付金の最大50%が戻ってきます!

 

●個人が寄付をした場合

 

個人がうりずんを含む認定NPOに寄付をした場合、確定申告をし、領収書を添付して「寄付金控除」の欄に金額を記入すれば、税金の還付を受けることができます。所得税のほか、住民税を含めると最大で約50%もの税額控除が受けられます。

 

  • 所得税
    控除方式には「所得控除」方式と「税額控除」方式があり、どちらかを選択できます。高額所得者/高額寄付者の場合は、所得控除を選択すると控除額が大きくなります。

     例:税額控除方式の場合は以下のようになります。
       (寄付金の合計金額-2,000円)×40% =寄付金控除額(還付額)
       ※所得税の25%が上限

  • 住民税
    自治体によって異なりますのでお住まいの自治体にお問合せください。

     宇都宮市の場合:
       (寄付金の合計金額-2,000円)×10% =寄付金控除額(還付額)


  • 相続税
    相続または遺言により財産を取得した方が、取得した財産を相続税の申告期間内に寄付した場合、寄付した財産には相続税が課税されません。

  

●法人が寄付をした場合

損金算入限度額の枠が拡大され、通常のNPO法人の約3倍(資本金の0.25%+所得の3.75%)となります。寄付金を損金に算入するには、確定申告書にその金額を記載し、寄付金の明細書を添付するとともに、所定の書類を保存している必要があります。詳細な手続きについては、最寄の税務署にお問合せ下さい。

※確定申告の際には、当団体が発行する領収書(認定番号入り)が必要です。
※領収書の再発行は原則として行うことが出来ませんので大切に保管してください。

(詳細はこちら:内閣府ウェブサイト)